盲目のセーラーが太平洋横断にチャレンジするに至った軌跡とは ~あなたの心に眠る、解釈の力を呼び覚ます49のエピソード~■収録時間:約145分(2時間25分)※価格:10,000円+税(161124_iwamoto.mp3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★ ご注意(お求め前に熟読下さい)★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼お支払い方法はクレジットカードのみとなっております。

▼銀行振込でのお支払をご希望の場合は、下記フォームからご注文をお願い致します。
 https://form.os7.biz/f/a0f02fc7/


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた36ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_iwamoto.pdf


▼こちらは【ダウンロード形式】での販売です。(CDや携帯型オーディオプレーヤーを宅配する形式ではありません)
 また、システムの仕様上、ダウンロードはご購入後72時間以内(3回まで)となっておりますので、お早めのご対応をお願い致します。(詳細はご購入時に自動送信される注文控えメールをご確認下さい)

▼スマートフォンやタブレット端末からはダウンロード頂けないことがあるようですので、なるべくPCにてご購入をお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■今日は、


 【あなたの世界観が書き換えられる日】


 と題して、特別のご案内。


 普段、私(鮒谷)はたとえ、
 自分のセミナーであってさえ、

 「このセミナーに絶対に来てください」

 「このCD(あるいは音源)は、
  絶対にお求め下さい)」

 的な話をすることはありません。


 というよりも、むしろ、

 「どうしても来たい、聴きたいと思って下さる、
  奇特な方があればどうぞ」

 的なスタンスでご案内させて頂くことが
 ほとんどです。


 なぜならば、興味も関心もない方に
 案内しても、お互い、

 「あとでロクなことにならない」

 ことが分かっているからです。



■が!今回だけは言わせて下さい。

 「この音源だけは絶対に手に入れて下さい」

 と。


 もちろん、私(鮒谷)のセミナーでは
 ありません。


 ご案内したいのは、

 アメリカは、
 サンディエゴ在住の全盲のヨットマン、

 岩本光弘さんの講演を収録した音源。



 -------------------------------------------


 < ブラインドセーラー岩本光弘さん
   プライベート音源のご案内 >


 【講師】

 ブラインドセーラー・岩本光弘さん


 ※2016年11月24日(木曜日)
  午後1時30分~午後4時

  に開催したセミナーの音源となります。


 ■全収録時間:約146分(2時間26分)

 1、オープニング(鮒谷周史):約9分
 2、岩本光弘さんご講演   :約129分(2時間9分)
 3、エンディング(鮒谷周史):約8分


 <当セミナーに参加下さった方から
  頂戴したご感想について>

 http://www.2nd-stage.jp/houdankai/testimonials/testimonial161124.html


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた36ページにおよぶご感想紹介>

 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_iwamoto.pdf


 -------------------------------------------



■岩本さんは、
 
 全盲であるにも関わらず、

 2013年6月に、
 ニュースキャスターの辛坊治郎さんと、

 二人乗りヨットでの
 太平洋横断にチャレンジされた方。


 そう聞けば、大きく報道もされましたので
 思い出される方もあるのでは。



■過日、そんな岩本光弘さんを講師にお招きしての
 プライベート講演会を開催いたしました。

 その時の講演内容を見出し風にご紹介致します。


【盲目のセーラーが太平洋横断にチャレンジするに至った軌跡とは
~あなたの心に眠る、解釈の力を呼び覚ます49のエピソード~】

■オープニング(鮒谷)
 
 ▼岩本さんプロフィールご紹介
 ▼ヨットだけでなく、トライアスロンなどさまざまにチャレンジをする岩本さんの元気の秘訣とは?
 ▼鮒谷が岩本さんから一番学びたいことについて
 ▼不快な感覚に金鉱脈がある理由とは?
 ▼怒りたいけど怒れない、落ち込みたいけど落ち込めない、その領域に到達するには?
 ▼岩本さんのお話を通してあなたに体験してもらいたいこと

■岩本光弘さんご講演

 ▼3年前に起きたミラクルとは?
 ▼今日お渡ししたいのは〇〇〇〇
 ▼全盲の状態に感謝できる理由とは?
 ▼視力低下に苦しんだ少年時代
 ▼自己否定、絶望に苦しむ日常
 ▼何度も何度も自殺しようとした日に見た、人生を180度変えた白昼夢とは?
 ▼白昼夢が私に引き起こしたこと
 ▼ハンディキャップを強みに変えたお話
 ▼やりたいことがある、なら決断基準は〇〇〇〇に
 ▼アメリカ留学から学んだ、目標達成に必要な考え方とは?
 ▼サンフランシスコで大地震に遭遇するのと、東京で事故に遭う、どちらがハイリスク?
 ▼大外刈り一閃!?、アメリカ留学体験談あれこれ
 ▼行動したくてもできない人必聴!岩本流リミットの外し方。
 ▼なぜ、私が目標達成に向けて周囲の反対に遭っても嬉々として取り組めるのか
 ▼安定した国家公務員をなげうってアメリカ移住を決意。その際に行った意思決定法とは?
 ▼あなたのエネルギーを奪う、〇〇と〇〇に紐づく2つの感情とは?
 ▼〇〇〇を持ってないと低所得者扱い?!アメリカ移住顛末記
 ▼ブラインド育児マン、かく戦えり
 ▼挫折しそうな時に持っておきたい、二人の自分とは?
 ▼ホームレスから学んだ、人の多面性とは?
 ▼アメリカ留学、移住、太平洋横断、トライアスロンと「もっともっと挑戦していこう」と思うに至った理由とは?
 ▼私がブラインドセーラーマンとなったきっかけ
 ▼太平洋横断プロジェクトから学んだ、〇〇することの重要性
 ▼きっかけは一冊の雑誌から。辛坊治郎氏との太平洋横断プロジェクト物語
 ▼辛坊さんとペアを組めたのは〇〇〇のおかげ。〇〇〇が人生を大きく動かす
 ▼なぜ、大阪のテレビ局がスポンサーなのに福島から出港したのか?
 ▼盲目でもスムーズに動けるのは、○○○○〇〇〇〇があればこそ
 ▼不安を和らげるには、〇に集中せよ
 ▼クジラとの衝突、避難、その時2人はどう動いたか。
 ▼6日で人生の絶頂からどん底に、それでも「クジラさんありがとう」と思い、そして、針のムシロのような記者会見でも記者に感謝できた理由とは?
 ▼つい、くよくよしてしまうあなたに、岩本流、失敗の乗り越え方
 ▼人生辛いことばかり、そんなパラダイムを転換させるキーワードとは?
 ▼私がいつも考え続けているたったひとつのこと
 ▼トライアスロンへのチャレンジから学んだこと
 ▼苦しいときに意識したい3つのKとは?
 ▼盲目でも漢字を書けるようになったように、〇〇〇という前提で考えよ

■エンディング(鮒谷)

 ▼ドリームサポーターの重要性
 ▼既成概念を打ち破るためには自分の〇〇の外の目標を立てよ 
 ▼ポジティブ回路を構築するには〇〇が大事 
 ▼『ドラゴン桜』、『インベスターZ』の三田紀房先生と
『カイジ』の福本伸行先生の対談から学んだこととは?
 ▼岩本さんの「クジラさんありがとう」から生み出される物語とは
 ▼人生は不可逆的、だからこそ〇〇を活用せよ 
 ▼先行きに不安を覚えたら、まずやるべきこと  
 ▼岩本さんのお話でアップデートできるもの

 以上、49項目について学べます(収録時間 約2時間26分)



■ちょっと長くなりますが、
 その際、頂戴したご感想(の一部)を、

 ご覧いただけましたら幸いです。


 感想をお読みいただくだけでも
 多々気付き、学びを得て頂けると思います。

 そして肉声を聴かれれば、
 なおのこと、感情が揺さぶられるはずです。



 (ここから)
 --------------------------------------------------


 岩本さま


 今日は心が震えるお話を聞かせていただき
 本当にありがとうございます。


 久しぶりに、
 
 自分はもっと挑戦しなければならない、
 まだ足りない、まだまだ足りない、

 と実感した時間でした。


 講演をお聞きする中でパラダイムを
 大きく書き換えるお話が随所にありました

 
 まさにパラダイムシフトの連続でした。

 
 ・自分にリミットをかけないこと。

 ・迷った時は書き出すことが重要である。

 ・世の中には見えないからこそ見えるもの
  がある。

 ・将来を考えると不安になる。

 ・今を生きることがいかに重要か。

 ・チャレンジすることが存在意義。

 ・人生で起きること、すべてに意味がある。

 ・今回の試練は将来の喜びを
  倍増するためにある。

 ・感謝、絆、希望が
  あなたの人生を好転させてくれる。


 まだまだたくさんあるのですが、
 強く印象に残った言葉を

 書かせていただきました。


 私自身もっともっと大きな目標を掲げて
 挑戦し続けるということを決意しました。

 岩本さんのご活躍を
 微力ながら応援させていただきます。


 このような機会をいただいた
 鮒谷さんに感謝です。


 ありがとうございます。


     (姫松 千秋 さま)  


 --------------------------------------------------


 本日は、岩本光弘さんの講演にて
 お世話になりました。


 全盲のヨットマンと聞き、

 日常に埋もれそうになる自分に
 喝を入れようと、参加を決めました。


 パワー全開、気合いだ!

 みたいな人を勝手に想像していたのですが、
 そうではありませんでした。


 岩本氏の笑顔を絶やさない朗らかな語り口。

 語られたのは、精神論や根性論ではなく、

 全盲という困難に立ち向かわざるを
 得ない中で生きるために編み出した、

 様々な思考方法でした。


 そして、根性論などではなく
 思考方法だからこそ、

 自分にも模倣が可能だと思いました。


 そして、その思考方法とは、


 1.目標を定める。

 2.意思決定基準を持つ。

 3.リミッターをなくす。

 4.選択に迷う時の判断方法。

 5.自分の中に二人の自分を作る。

 6.人を信じる。

 7.目標は公言し続ける。

 8.人生のすべての出来事には意味がある。

 9.人生を豊かにする3つのもの


 この中には、エッセンスとしては、

 すでに鮒谷さんから
 お聞きしていたこともありました。


 しかし、

 岩本さんがこれらの気付きを得るまでの
 道筋は、

 全盲という過酷な環境で生きていくために
 氏が一歩ずつたどって来た道であり、

 そこには経験者のみが語れる
 重みがありました。


 これまでに鮒谷さんから
 コンサルやセミナーで、

 さらに平成進化論で教えていただいた
 学びについても、

 漆塗りをする有意義な機会になりました。


 本日は、ありがとうございました!


     (山浦 靖洋 さま)


 --------------------------------------------------


■全体を通じての岩本さんの印象


 ・普通のことを普通に、これぞまさに王道。

 ・見えないハンデキャップを差し引いて
  余りある、心の豊かさを持っている人。

 ・見えなくなったことを
  見事にプラスに変えた人。


 同じ境遇に至ったとき、
 果たして自分もその壁を乗り越えて

 あちら側へ行けるのだろうか?


 そんな事を頭の片隅に置いて
 聞いていました。


 『なりたい自分になって良い』

 どんな状況でも制約を外して、

 なりたい自分をリアルに思い描いて
 あとは其処に向かって歩みを続ければ良い

 到着するまで一歩一歩積み重ねれば良い


 ガス欠になったとき、なりそうなとき、
 今日を思い出して
 自分を鼓舞する出来事にしよう!


 体系的にまとまってませんが
 ズラズラと以下に。


 1)パラダイムシフト

 ・見えないからこそ見える
 
 ・くじらさんありがとう

  →達成の喜びを
   100倍にも1000倍にもしてくれる
 
 ・ネガティブな報道、

  →一躍有名人になり、
   多くの人に知ってもらえた
 
 ・雨が降る

  →シャワーがないから
   雨が降れば恵みの雨
 
 ・財布をすられそうになった時の大外刈

  →ところ変われば常識が変わる、
   財布より命が大事

 ・ベイエリアの大地震

  →危険かもしれないが東京で
   交通事故に遭う確率とどちらが高い?

  →移住しない理由にはならない


 ⇒☆自分の(今の)価値観、常識なんて
   書き換えられる
   というか、書き換えていくべき


 2)自分が本当にやりたいことは何か

 ・会う人、会う人に夢を言い続ける

 ・ドリームサポーターが現れる

 ・渦を起こす

 ・(救助される事態に遭遇したが)
  自分は悪いことをしているわけではない

 ・夢を持って挑戦している自分は
  間違っていない

 ・無意識に作っている制約を外す

 ⇒☆経験を重ねることで
   夢が変化していって良い
   (今の自分で未来全ての夢を
   決めなくて良い)

 3)人生に起こるすべての出来事に
   意味がある

 生かされている、

 命を与えられている意味
 見えなくなったことの意味

 過去でも、未来でもなく、

 『今を生きる』

 ⇒☆誰にでも当てはまる命題


 4)ドラマチックな伝記

 見えないことを受け入れるまでの
 葛藤、苦しさ

 ごく自然な負の感情を持っていたことに
 少し安心した。


 岩本さんも普通に人間だったんだ、と。

 生まれながらの器の大きさではない。


 今からでも、自分にでも、
 訓練すれば出来るようになる

 失敗のままやめたら
 敗北者、達成まで継続すれば良い


 自分自身の経験を積み重ね
 
 昔の自分を過去のものと
 消化し、昇華させているからこそ

 平易な言葉で語る中に重みがある。

 難しい言葉は使っていなかったし、
 ネガティブなイメージを
 抱かせる言葉も使っていなかった。


 出来るようにするためには
 どうしたら良い??

 『感謝』

 の文字を書くためのアイデア、そして行動。


 目が見えていないことを
 忘れて聞き入っていた。


 ふと、見えないことを思い出しハッとした。


 5)その他全体

 見えない人が太平洋横断挑戦!
 ていうから耳目を集める。

 しかしながら、やることは一緒。


 目標を決め、ひとつずつ課題を潰し、
 訓練を重ねる。

 やったことないから不安感抱く、
 経験したことは不安感和らぐ。


 何も特別なことはない、
 つくづく当たり前のこと。


 その当たり前を当たり前だと受け止め
 行動に移すことで今を生きることになる。


 山があって、谷があって、
 それも後から振り返れば

 人生を彩るスパイス。


 ヨットで太平洋の上にいる訳じゃない
 しっかりと地べたの上に立っている。

 
 何でも出来るんじゃん、
 これもパラダイムシフトですね。


 ただ地面の上に立っていられることすら
 恵まれた環境なんだ、と受け止められる。


 非日常のお天気に
 非日常の場所で
 非日常の人と
 非日常の時間を共有したこと


 昨日のこのセミナーが
 自分の人生を彩る1ページになります。

 自伝に載せる出来事に感謝

 まとまりのない長文で失礼しました。


 当日を迎えるまで様々な準備、

 対応をしてくださったセカンドステージの
 皆さまにも感謝しています。


 ありがとうございました。

 寒さも厳しくなるので
 お身体に気を付けて

 笑顔でお過ごしください(^^)


    (個人事業主 T.H さま)


 --------------------------------------------------


 昨日は貴重な機会をいただき
 ありがとうございました!


 とにかく、岩本さんは元気でした。

 どこからそのエネルギーが
 湧いてくるのかと思うくらい、

 熱量があふれ出ていました。


 会場は熱気に包まれて、
 涙を流す人もいましたし、

 私も、最後は目頭が熱くなっていました。


 この熱量は、会って直接話を聴かないと
 感じることはできません。

 声もはっきりしているし、
 大きな声でスっと耳に入ってきました。


 擬音や擬態語も使いながら、
 岩本さんが人生で経験されてきた
 
 様々なエピソードを、
 まさに全身を使って

 お伝えして下さいました。


 全盲でもここまで
 伝えることができるのか!!!???

 内容うんぬんよりも、
 まずこの点で衝撃を受けました。

 そして、とにかく、アツかった。

 
 一切休憩なし、ぶっ通しの2時間でしたが、

 それでも、その時間の長さを感じることは
 ありませんでした。


 ただただ、ただただ、岩本さんの熱量に
 圧倒されっぱなしの2時間。

 「君の名は。」

 よりも迫力ありました!


 ・考え方は一瞬で変えられるが、
  現実はすぐには変えられない

 パラダイムシフトと言われたりもしますが、
 ものの見方や考え方は、
 
 あるとき一瞬で変わることがあります。

 
 衝撃的な出来事を目の当たりにしたときや、
 別世界の人の話を聴いたとき。


 昨日の話を聴いて、
 私の考え方も改まりました。


 ・五体満足であることへの感謝

 ・自分がいかに怠惰な人生を送っているか

 ・やりたいことをやりぬく大切さ

 ・失敗を失敗にしないためには

 ・自分の中に2人の自分をつくる


 このように、
 考え方は一瞬で変えられるのです。


 しかし、考え方が変わったとしても、
 現実はすぐには変わりません。

 船の舵を切ることは一瞬でできますが、
 
 その船の進路が
 急に変わることのないように。


 結局、目の前の現実は、
 昨日も今日も同じように見えるものです。


 しかし、

 そのギャップを乗り越えて、少しでも
 現実を変えていこうとして行動すること、

 そして、行動し続けていくこと。
 
 これが、人生において大切なこと
 なのでしょう。


 ・ハンデが生む強みもある

 目が見えない、というと、
 弱みに聞こえます。

 ですが、

 そのおかげで手先が器用になったり、
 耳で判断できることが増えたり、

 イメージする力が付いたりして
 きたのだそうです。


 サッカーではキーパー以外、
 手を使うのが禁止されています。

 だからこそ、 
 メッシのような神技が生まれるのです。

 足の技術がものすごく発達したのは、
 手を使うことが制限されているから。

 
 制限されることによって
 伸びる力がある、
 
 という当たり前のことに
 気付かせていただきました。


 ・どんな人にも波がある

 元気で前向き、
 超ポジティブな岩本さんですが、

 それでも、内心では
 かなり波があることが分かりました。


 不安になることもあるし、
 怒りを覚えることもあるし、

 落ち込むこともあるし、悩むこともある。


 岩本さんも、れっきとした

 「普通の人間」

 であることが分かりました。

 だからこそ、
 その乗り越え方を聴けて良かったです。

 私のような、いたって健康な人間にも、
 それは通じるわけですから。


 ・やりたいことが決まれば、
  それ以外は些細なこと

 やりたいことさえ決まってしまえば、

 それに付随して生じる問題は
 すべて小さなことです。


 やる前からあれこれ考えすぎて
 行動できなくなるくらいなら、

 やりたい!という気持ちに
 正直になって、行動してみること。


 弱い自分の心に
 強烈なパンチを見舞っていただきました。

 やりたいことに向かって
 今を全力で生きよう!
 
 という力強さをいただきました。

 
 本当にありがとうございました!


  (公認会計士 尾崎 智史 さま)


 --------------------------------------------------


 鮒谷さんよりこの場を提供して
 頂いたおかげで、

 岩本さんの話を伺えるご縁に出会えたこと、
 誠に感謝いたします。

 
 岩本さんが語られた内容は、

 ご本人が仰られたように鮒谷さんの
 メルマガで目にしたことがある内容でした。


 しかし、

 岩本さんの語る言葉で受けた衝撃は
 メルマガを読んで受けた衝撃とは、

 比べものになりませんでした。

 その衝撃を表現する言葉が
 今は見つからないほどのインパクトでした。


 改めて言葉の持つ力を意識し、
 その言葉の力を活かして目標を立てる、

 それを表明する大事さを感じました。


 縁が縁を生む、

 人との出会いが自分の人生を変えることを
 さらに意識したいと思います。


 感謝、絆、希望の3kも岩本さんを見習って
 大事にしていきたいと思っております


 本日は誠にありがとうございました!


 (片野 敬勇 さま)


 --------------------------------------------------


 岩本さんの熱いお話、直接聞けて、
 大変良かったです。


 今を大切に生きる大切さを
 何度も強調されているのが、

 印象に残りました。


 全盲の岩本さんの挑戦する力と行動に、
 感心し、また、大変勇気付けられました。


 出会いの大切さ、感謝、絆、希望の3Kが
 人生を好転させるという事が

 エピソードを通し、よくわかりました。


 本日は、貴重なお話、
 ありがとうございました。

 岩本さん、鮒谷さんはじめ
 スタッフの方々に感謝申し上げます。


 ありがとうございました。

 学びを行動に移していきます。


 (大学講師 阿部 貴弘 さま)


 --------------------------------------------------


 岩本さん、鮒谷さん


 昨日は貴重なお話を聞く機会をいただき、
 本当にありがとうございました。


 私たちも目をつぶってみると、

 暗闇の中で目が見えない世界を
 経験することはできますが、

 それが日常となることは
 やはり想像もつきません。


 その中で岩本さんは

 「すべてのことに意味がある」

 と解釈され、

 目の見えない世界で指先の感覚を磨き、
 メンタルイメージを膨らませ、
 
 今を大切に、あらゆることに
 前向きに取り組む姿勢と、

 その明るいお人柄に大変感銘を受けました。


 岩本さんが参加者の方に書いてくださった
 
 「感謝」

 という言葉。


 漢字をどうやって書かれたのかと思ったら、
 ダンボールで型どりをし、

 それを指先で頭の中にイメージさせ、
 
 何度も何度も失敗しながら、
 何時間もかかって一人一人に向けて

 書かれたとのこと。


 「今まで感謝という言葉は
  書けなかったですが、
 
  これで書けるようになりました」

 と笑顔で話されているのを聞いて、
 思わず涙が出ました。


 書いていただいた
 「感謝」の言葉を見るたびに、

 私も心を奮い立たせて
 がんばろうと思います。


 この世の中、やってやれないことは
 何一つないんじゃないかとさえ思います。

 まずは「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
 にいってみようと思います。


 本当にありがとうございました。


 (東海大学スポーツ教育センター
  アスレティックトレーナー

   西村 典子 さま)


 --------------------------------------------------


 ブラインドセイラー岩本さんの
 お話しをきかせていただくのは

 3年前の講演に続き2回目となりますが、

 今回も全視力を失ってしまった岩本さんが、
 体に何一つ不自由ない聴講者を励まし、

 勇気づけるという、
 不思議な感覚を覚える講演会でした。


 (普通は逆ではないかと、
  しばらくキョトンとします)


 私は自分もヨット乗りなので、
 海の上でのご苦労、厳しさ(時に優しさ)、
 
 コンディション変化のめまぐるしさ等々が
 手に取るように想像できます。

 
 (特に外洋航海は大変)

 (逆に視力がない岩本さんが、
  常に不安定な艇のデッキ上で

  どのように作業し、
  操船されるのかは

  未だ想像がつきません。)


 体に何一つ不自由ないセイラーに、
 50日以上を要する航海の話があったとしても、
 
 身に及ぶリスクを考えると、
 大半が拒否するのではないかと思います。


 それを逆転の発想でワクワクしながら
 引き受けてしまう
 
 (というか手繰り寄せてしまう)、

 岩本さんのチャレンジスピリットが
 凄すぎです。


 世界初の試みである、
 
 ブラインドセイラー太平洋横断(二人乗り)
 の挑戦は、

 出航6日後にあり得ない確率で
 ナント鯨と衝突、ヨットは沈没、

 あえなくリタイア、

 筋書き通り、
 めでたくゴールとはなりませんでした。


 また、自衛隊に救助された後は、
 待ち受けている多くのマスコミから

 さまざまなバッシングを受け
 辛い思いをされたかと思いきや、

 そんな悔しさも岩本さんは、

 ・鯨さんありがとう
 ・トラブルありがとう

 周囲を勇気づける目的も
 あったこのチャレンジが、

 より多くの人に広まった、

 とすべてがプラスの解釈に
 書き換えられていました。


 起こったことは同じでも、

 ・ポジティブ(前向き)
 ・ネガティブ(後向き)

 どちらに解釈するかで

 その後、真逆の展開を作り出せるのだと
 痛感させられました。


 ・体が元気であっても
 ・不自由があっても
 ・辛いことが起こっても

 今後の人生を良くするも、悪くするも、
 自分の解釈次第、

 ということを再認識させていただきました。


 今後、人生において、

 辛い、悔しい、腹立たしいことが
 度々起こることと思いますが、

 その際は、岩本さん(のお話し)を
 思い出し、言い訳せず、

 すべてをプラス変換、常にチャレンジ精神を
 持って生きていこうと思いました。


 この度は貴重な機会を
 作っていただきありがとうございました。

       (玉山 貴章 さま)


 --------------------------------------------------
 (ここまで)



 皆さま、熱いご感想をありがとうございます。

 私(鮒谷)も魂を揺さぶられました。



■上に挙げさせて頂いたご感想にも
 ところどころ記されていますが、


 なにはともあれ、

 以下、岩本さんが16歳で失明されてより
 実践されてきた

 「主体性発揮の歴史(の一部)」

 を下記に記しましたので、
 御覧ください。



 <岩本さん主体性発揮の歴史>


・世界を広げるためのアマチュア無線

・YMCAの英会話への通学

・筑波大学教員養成施設での経験

・休学して、アメリカで学びたいと考えていた
  ことを着実に遂行(箱根でのバイトと奨学金獲得)

・1989年の地震のあとの渡米

・日本人とはなるべく付き合わないようにした

・英会話の先生の友達であるKarenと知り合う

・ビーチで一緒に走ろうといったのが付き合うきっかけ

・公務員宿舎から稲毛海岸の公団住宅に引っ越して
  マリーナがあることを知りヨットを始める

・1歳の娘の将来を考え、また家内の日本での
  生活の行き詰まりを感じて移住を決心

・誰も知り合いがいないサンディエゴ駅に
  着いた瞬間の思い

・アパートを探すのに苦労した経験

・バスとトローリーを乗り継いでの出張治療

・資格取得、そして治療のブランディング

・開業、そして多くの患者さんとの出会い


  、、、(以下略)


 こうした延長線上に、

 ヨットでの太平洋横断のチャレンジが
 あったわけです。



■全盲の方がこれだけチャレンジを続けて
 こられているのを見て、

 「あれが足りない、これができない」

 などといって、言い訳し続けていることに
 恥ずかしくなってきませんか?


 (私は恥ずかしくなり、反省もさせられました。
  そして自問自答もしました。

  たとえば、果たして今、全盲になったとき、
  どれだけのことができるのか。


  そもそも家の外に出ていこうという気力が
  湧いてくるものなのか。

  実際に、全盲になられた方の中には、

  家から一歩も出られなくなった方も
  あるそうです)


 そんな中、なにを感じ、なにを思い、何を考えて
 チャレンジを続けてこられたのか、

 ぜひ直接、耳で聴いてお確かめ下さい。


 -------------------------------------------


 < ブラインドセーラー岩本光弘さん
   プライベート音源のご案内 >


 【講師】

 ブラインドセーラー・岩本光弘さん


 ※2016年11月24日(木曜日)
  午後1時30分~午後4時

  に開催したセミナーの音源となります。


 ■全収録時間:約146分(2時間26分)

 1、オープニング(鮒谷周史):約9分
 2、岩本光弘さんご講演   :約129分(2時間9分)
 3、エンディング(鮒谷周史):約8分


 <当セミナーに参加下さった方から
  頂戴したご感想について>

 http://www.2nd-stage.jp/houdankai/testimonials/testimonial161124.html


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた36ページにおよぶご感想紹介>

 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_iwamoto.pdf


 -------------------------------------------



■最後に、一つご紹介したい話があるのですが

 「主体性が幸福度の40%を規定する」

 という研究結果があります。

 ※「データの見えざる手」という
  本の中に記されていたことです。


 ----------------------------------------------


 <幸せに影響を与える要因>


 50%:遺伝的要因

 10%:環境的要因
    (人との関係、お金、健康など)

 40%:日々の行動の習慣や選択
    (「自分から積極的に行動を起こしたか」
     が特に影響)


 ----------------------------------------------


 遺伝的要因、ということについて
 ここで言及することは控えますが、

 少なくとも、

 「自分が主体的に行動を起こしていること」

 が幸福感に大きな影響をもたらす、

 というのは、
 経験的にその通りだと思います。



■自分がどれほど主体性を持って
 生きているのか、

 (≒どれほど幸福感を感じて
   生きているのか)

 そういったことを自らに問い直す
 契機にもなると思います。



■よく、どんな状況にあっても

 「解釈を変えることで乗り越えられる」

 的な話を聞くことがありますし、
 私も書いてきましたが、

 無理せず、ありのまま、自然体で、
 あらゆることをプラスに解釈する、

 という姿も、岩本さんの話を通して感じて
 頂けると思います。



■そのそも全盲で、太平洋横断をしようという
 発想自体が、

 自らへの制限をなくし、枠を取り払った、
 自由の境涯にいなければ、

 思いつきさえしないこと。

 そんな姿勢にインスパイアされること
 必定です。

 まさに百聞は一見に如かず、です。



■ぜひ、前回の講演を聞いた、

 私や参加者の皆さんと同じような
 気づき、学び、勇気、元気を、

 多くの人に持ち帰って頂きたいと
 思っております。


 お申し込みはこちらからお願い致します。


 -------------------------------------------


 < ブラインドセーラー岩本光弘さん
   プライベート音源のご案内 >


 【講師】

 ブラインドセーラー・岩本光弘さん


 ※2016年11月24日(木曜日)
  午後1時30分~午後4時

  に開催したセミナーの音源となります。


 ■全収録時間:約146分(2時間26分)

 1、オープニング(鮒谷周史):約9分
 2、岩本光弘さんご講演   :約129分(2時間9分)
 3、エンディング(鮒谷周史):約8分


 <当セミナーに参加下さった方から
  頂戴したご感想について>

 http://www.2nd-stage.jp/houdankai/testimonials/testimonial161124.html


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた36ページにおよぶご感想紹介>

 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_iwamoto.pdf


 -------------------------------------------


 ぜひお聴き頂き、

 「今後、あなたが生きていくための
  指針作り」

 の一助としてご活用頂けましたら
 幸いです。


          鮒谷周史 拝

¥ 10,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(139768944 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。